不動産屋さんで物件探し

現在は新築の分譲マンションに住んでいます。

この物件を買う際、本当に迷いました。それまでは主人の社宅に住んでいましたが、そこでの暮らしに不自由があった訳ではありません。

家賃も安く、知り合いもたくさんいて、部屋も広く快適でした。

しかし、子どもが通うことになる小学校は、通学に30分以上もかかってしまうようなところでした。

子どもが小さいうちに引っ越しをして、近所で一緒に小学校に通う友達ができればと思い、思い切って引っ越すことにしたのです。

早速、近所の不動産屋さんに行ってみることにしました。

希望する場所や間取りなどをスタッフさんに伝えると、該当する物件をいくつか紹介してくれました。

賃貸か分譲のマンション、アパート、戸建てがありましたが、その中で目に止まったのが賃貸の戸建てでした。

戸建てというと、分譲のイメージしかありませんでしたが、賃貸もあることを知って驚きました。

スタッフさんに尋ねると、物件数は限られているものの、賃貸の戸建ても最近では人気があるとのことでした。

紹介してくれた戸建ては、新築ながら賃貸でした。自分で買わずとも新築の戸建てに住めたらとてもいいなと思い、

実際にその物件を見せてもらうことにしました。

現地に到着し、中に案内されると、今時の戸建てといった感じの造りでした。

カウンターキッチンでそこそこ広く、しかも小さいですが庭付きでした。

中心部からやや離れているものの、家賃もマンションとほとんど変わらない値段でした。

マンションを買うつもりで不動産屋さんに行ったのですが、物件を見て、賃貸の戸建てもいいかも、と気が変わりました。

前向きに検討します、とスタッフさんに伝えて帰宅。

主人にその物件の話をしたところ、そもそも小学校は近くにあるの?と訊かれました。

あ、肝心なところをチェックしていなかった!と思い、物件の資料を見てみると、小学校までは徒歩30分という表記が!

それなら、今とさほど変わらないよね、と言われ、あっけなく戸建ての夢は潰えてしまいました。

結局、小学校まで徒歩5分という現在のマンションを購入したのです。

今でもたまに、戸建てに住みたいなあと思うことがありますが、マンション暮らしもコンパクトで快適です。

ちなみに私のマンションは都内にあるのですが、将来的なマンションの活用についても考えることがあります。

まず子供の学校が終われば、マンションからでていきます。また夫は長男なので、将来的には実家に戻る必要が出てきます。

そうなった場合に、このマンションは売却するのか?それとも賃貸に出すのか?

まだ先の話ではありますが、色々と不動産運用についての情報を仕入れておくことは悪いことではありません。

といってもネットで検索するくらいのレベルなのですが。

ネット検索で私が見つけたのが、空き家スイッチというサイトなのですが、不動産のことを勉強するのであればセミナーが良いと。

またリースバックについての情報も詳細に出ているので、興味ある方はどうぞ。

最近は、時間を見つけてセミナーに参加して見ようかと考えています。

今年中には戸建てを買いたい!

現在30代夫婦と1歳の子で、木造築3年の1LDKのアパート(2階)に住んでいますが、ドタバタと歩く子供の足音が気になり始めたし、1LDKという間取りが狭く感じるので、最低でも2LDKの部屋に引っ越しを考えています。

今年に入ってそろそろ引っ越しをすることを考え始めて、賃貸物件を探していたのですが、2LDK以上となると月10万円は越してしまうのがほとんど・・・。それに、子供が中学生になる頃までには戸建てに住みたいと思っていたので、アパートの更新費や引っ越し代などもばかにならないし、アパートの家賃より安い住宅ローンを組むことを前提に、思い切って戸建てを購入しようということになりました。

今なら金利も最低と言われているし、私たち夫婦の年齢も戸建てを購入するのには丁度良さそうなので、土地・中古戸建・新築戸建ての方向で探しています。
新築戸建ては5件見学に行きましたが、やはり間取りが自分たちの理想に合ったものがなく、今のところ見送りとさせていただきました。

そもそも、私たちの理想は日当たりの良さ・平坦地・部屋を小さく区切らないというもので、今回見学させていただいた新築戸建てはとても住みやすそうだったのですが、だいたい小さな部屋が複数ある物件でした。
希望に合った土地が見つかれば一番良いのですが、こればかりはご縁だと思うので、タイミングが来るまで待ちたいところですが、現在住んでいるアパートであと1年くらいを過ごすのは無理かと思い、今年中で区切りをつけました。一生の買い物なので、急いではだめなことは分かっているのですが・・・。

今はローコスト住宅が流行っているようです。機能面は別としてどれもデザイン性が高くてカッコいいものばかりです。そういうのを見ると、やはり自分たちで思った通りに建てることに憧れてしまいますが、予算との相談ですね。ローコスト住宅は部屋の区切りも大き目で、私たちの理想に合っているので、間取りやデザインの参考にさせていただいて、気密性や基礎部分はしっかりとして長く住める戸建てを建てたいです。

家がなくなってうれしいなと思っていたら3階建てが

私の住んでいる住居は60坪の土地に床面積25坪の2階建てが建っています。建物の延べ面積は47坪です。

西北側の隣地との敷地一杯まで家を建て、南側は日のよく当たる庭にしています。

庭は芝生が半分くらいで、あとは車一台のポーチと様々な樹を植えています。

南側に隣接するお宅は30坪の狭い土地に2階建てです。数年間空き家になっていました。

2階建てですが、冬場になると太陽が低くなりますので庭に思うように太陽が差し込みません。

冬場から春先にかけては広いリビングルームに太陽が燦々と照り付ける思いで新築したのですが、その思いは後から建築なった2階建てのために半分くらい奪い去られた感じがします。

隣には隣の都合があり2階建てを建てられたのでしょう。

法律にも違反していないし、日照権を主張するほど日当たりが悪いわけでもありません。

都市部ではどこにでも見かけられることです。誰もが辛抱しなくては世の中が成り立ちないと思います。

今年の春になって南側の家の持ち主が、「娘が家を建てますのでよろしくお願いします」と挨拶にやってきました。

小さい頃からよく知っている娘さんなので、その話を聞いてうれしい気持ちになりました。

子供2人の4人家族です。上が3歳、下が1歳の可愛い盛りです。

ところが話を聞いていると3階建てになるとわかりました。

私の頭の中で「エッ、3階」と思いました。3階、日当たりが一段悪くなる、これは困った、だけど拒否できないと頭の中を拒否反応が走りました。

しかし若い夫婦が思いを込めて家を建てるのです。お祝いの気持ちを表すしかありません。

家の持ち主の父親は、快諾を受けたと解釈して帰っていきました。

今年の5月に工事が始まりました。建前は1日で終わりました。大きなクレーン車が来て模型を組み立てるように8時間程度の作業でした。

3階建てといっても簡単なものでした。本当に簡単でした。

問題の太陽の差し込み程度です。今の時期は太陽が頭上に来ていますから、あまり影はできません。

冬至の前にならないとリビングへ差し込む太陽光の程度はわかりません。差し込まなくなったといっても苦情は言えません。

これが都市生活なのだろうとあきらめざるを得ません。