こだわりの台所と、脱衣場で快適な暮らしが出来ます。

お台所のつくりにこだわる人は、多くいらっしゃると思います。
快適につくる食事は、美味しく仕上がるにも大切です。

そのためにも、ご自分の食事をつくることに、動きやすい広さの台所はいいものです。
広い台所はゆったり感がありますが、適度な広さの台所はお薦めしたく思うのです。

台所の蛇口近くをメインとして、横にはオール電化での煮炊きなどがいいと感じます。
どうしても台所は、火を使うことでその近くは汚れてしまいます。

オール電化での、食事づくりはそのあとの汚れをとるにも簡単に掃除をすることができます。

私のこだわりは、その吹きこぼれなどのあとの始末がラクに出来る家が良いのです。

その近くには、食器を収納する場所が多くあることで見た目も良い台所となります。
ポリや生ごみや瓶なども分けて入れることが出来る場所があることで、清潔感のある台所となります。

対面式のキッチンでは、水道の蛇口などが整然と感じるのです。
断然私は、この水がでるレバーの手元をスッキリと見せることが出来る対面式が好きです。

また私の家のこだわりとして、脱衣場を思ったより広めにとる様に仕上げた家が好きです。
お部屋数を減らしてでも、脱衣場を広くとりたいのです。

その脱衣場には、ご家族の着替えをある程度は置くことができる場所が欲しいのです。
台所の横に広めの脱衣場をとることで、便利な暮らしが出来ます。
開放感のある場所と感じる脱衣場は、気楽な暮らしをするにも大事と感じています。

こんな脱衣場では、お風呂に入る時もゆったり感があります。
またお台所の用事をしながらも、脱衣場に置いてある洗濯機を回すことが出来るからです。

お風呂には、人気のある浴室乾燥機を取り付けた家が好きです。
雨の日の洗濯物を乾かす時や、朝までに乾かしたいものがある時など、浴室に乾燥機があることで便利だからです。

結婚して住む家を探すために不動産屋へ

結婚する前に、新婚生活を送るための賃貸マンションを探すために、不動産屋に行きました。どんな家がいいかまだ何にも考えていなかったころで、何もわからない状態からのスタートでした。

不動産屋に勧められるままに、不動産屋の近くにあった物件に連れていかれました。夢のある新婚生活とはかけ離れた、古くてさび付いているマンションでした。納得ができずに、丁寧に断って、その日は帰りました。

二人で話し合って、賃貸マンション探しに対する条件を考えました。会社からの距離と通勤時間、駅から家までの距離、家賃、部屋の広さ、子供ができた場合の住みやすさなどです。

その中で、1番の条件は、子供ができた場合の住みやすさでした。結婚したら、すぐにでも子供がほしかったからです。通勤時間は、1時間半まで大丈夫だということになりました。

そのころ、職場は新宿区でした。東京都は家賃が高いので、埼玉、神奈川、千葉で家賃について調べていきました。その中では、埼玉が比較的手ごろな金額でした。

子供のことを考えると、同じ家賃でできるだけ広い場所で、ファミリー層が多く住んでいる地域がいいなと思いました。

子供が多い地域は、駅から離れた場所でした。駅前は、共働き夫婦に人気があると、不動産屋で教えてもらいました。二人で話し合い、駅から離れていても、自転車に乗ればいいということで、駅から離れた場所を探しました。

新婚生活を始めるのに選んだ場所は、埼玉県の春日部でした。子供たちが多く、マンションやアパート、公団がたくさんありました。子供たちも多くて、少し離れれば自然もいっぱいありました。大きな公園も徒歩圏内で、子供が生まれてからは毎日のように遊びに行っていました。

同じ年のお友達がたくさんできて、幸せでした。私たちは、転勤で引っ越しをするまで、3年間ここで暮らしました。マンションにも子供がたくさんいて、友達がいっぱいできました。相談相手がたくさんいてとても心強く、大家さんとも仲良くなれて楽しい3年間でした。

大家さんとも仲良くなれる物件はなかなかないと思います。子育て世代にはうれしいことで、おすすめです。

不動産屋さんで物件探し

現在は新築の分譲マンションに住んでいます。

この物件を買う際、本当に迷いました。それまでは主人の社宅に住んでいましたが、そこでの暮らしに不自由があった訳ではありません。

家賃も安く、知り合いもたくさんいて、部屋も広く快適でした。

しかし、子どもが通うことになる小学校は、通学に30分以上もかかってしまうようなところでした。

子どもが小さいうちに引っ越しをして、近所で一緒に小学校に通う友達ができればと思い、思い切って引っ越すことにしたのです。

早速、近所の不動産屋さんに行ってみることにしました。

希望する場所や間取りなどをスタッフさんに伝えると、該当する物件をいくつか紹介してくれました。

賃貸か分譲のマンション、アパート、戸建てがありましたが、その中で目に止まったのが賃貸の戸建てでした。

戸建てというと、分譲のイメージしかありませんでしたが、賃貸もあることを知って驚きました。

スタッフさんに尋ねると、物件数は限られているものの、賃貸の戸建ても最近では人気があるとのことでした。

紹介してくれた戸建ては、新築ながら賃貸でした。自分で買わずとも新築の戸建てに住めたらとてもいいなと思い、

実際にその物件を見せてもらうことにしました。

現地に到着し、中に案内されると、今時の戸建てといった感じの造りでした。

カウンターキッチンでそこそこ広く、しかも小さいですが庭付きでした。

中心部からやや離れているものの、家賃もマンションとほとんど変わらない値段でした。

マンションを買うつもりで不動産屋さんに行ったのですが、物件を見て、賃貸の戸建てもいいかも、と気が変わりました。

前向きに検討します、とスタッフさんに伝えて帰宅。

主人にその物件の話をしたところ、そもそも小学校は近くにあるの?と訊かれました。

あ、肝心なところをチェックしていなかった!と思い、物件の資料を見てみると、小学校までは徒歩30分という表記が!

それなら、今とさほど変わらないよね、と言われ、あっけなく戸建ての夢は潰えてしまいました。

結局、小学校まで徒歩5分という現在のマンションを購入したのです。

今でもたまに、戸建てに住みたいなあと思うことがありますが、マンション暮らしもコンパクトで快適です。

ちなみに私のマンションは都内にあるのですが、将来的なマンションの活用についても考えることがあります。

まず子供の学校が終われば、マンションからでていきます。また夫は長男なので、将来的には実家に戻る必要が出てきます。

そうなった場合に、このマンションは売却するのか?それとも賃貸に出すのか?

まだ先の話ではありますが、色々と不動産運用についての情報を仕入れておくことは悪いことではありません。

といってもネットで検索するくらいのレベルなのですが。

ネット検索で私が見つけたのが、空き家スイッチというサイトなのですが、不動産のことを勉強するのであればセミナーが良いと。

またリースバックについての情報も詳細に出ているので、興味ある方はどうぞ。

最近は、時間を見つけてセミナーに参加して見ようかと考えています。