今後は破格の中古中宅を探さなくては

最近、我が家の猫の額程の庭に主人がみょうがを育て始めました。

みょうがなど主人以外は特に好物でもないので、時期になると買って食べた方が早いと思うのですが、趣味としてこれから何か野菜でも育てたいと思っていても、たいした広さのない庭では無理です。

先日、テレビでリフォームをした番組を見たところ、なんと都心から車で1時間で坪数100坪ほどで、その中にポツンと平屋の中古住宅があるのですが、かなり年数が経っていて、手を入れなければ到底住めるような家ではありませんが、全ての価格が250万となっていました。

海の近くで潮風も影響して外壁も劣化がひどいので、都心から車で1時間で田舎となると私の勘では千葉あたりなのかな?と思って番組を見ていたのですが、なるべくお金をかけずに、リフォームするという形で、知り合いの建設関係の方が外壁などを塗り替えて、当然、買主もそれに伴い、材料費が15万ほどで、きれいに塗り替えられていました。

中の内装は水回りだけの放送で後は後日という形だったのですが、物自体は古い洗面所の洗面台を大きな鍋を利用して鏡などは新しくして、それなりの物を造りあげていました。

お風呂も買主の母親が一緒に住むという事で、入りやすいように風呂の端に平の木を備えて、1度座ってから浴槽に入るという形でした。

蛇口は何故かやかんを利用していましたが、再利用という観点なのだと思います。

材料費が全てでいくらかかるかは不明なのですが、250万という金額は非常に魅力に感じました。

思わず主人に「そんなに農作業したければ、こういう家を購入して自分でリフォームすれば思う存分にみょうがが作れるんじゃない?」と言ったところ、主人も「うーん、いいな」と一言だけ答えました。
不動産としたら破格ではありますが、お金と考えるとやはり高額ですから、ましてや自分でリフォームなどは到底無理と考えたのでしょう。

それでも、私自信は決して手の届かない金額ではないし、もう少し年を取ったら、破格の中古住宅を探すのもいいかなと考えてます。

勿論、私が住むのではなくて、主人が畑仕事するのにちょうどいい物件があれば、定年後に夫婦いつも顔を合わせて生活するよりも、気楽でいいかなという悪妻の考えですが。