親と二世帯住宅で同居してみて

築40年の実家を二世帯住宅に建て替えました。私の実家は、土地自体があまり広くはないので、二世帯住宅を建て、車を3台駐車できるようにする為には、少し工夫がいりました。

まず、玄関を1つにして、共同で使うようにしました。そうしてみたところ、必ず挨拶をしますし、親たちは、孫の顔を見ることができます。また、声も聞こえます。

出掛けたり、帰ってきたりした時の気配が分かるので、干渉さえしなければ、安心です。急な来客も、どちらかが家にいれば対応できます。その為、インターフォンも、どちらでも対応できるように取り付けました。

それから、1階と2階のトイレ、お風呂、キッチンの水回りを同じ場所にしました。別に意味はないのですが、なんとなくすっきりしたイメージがあったからです。

1階が親の世代、2階が私達娘世代で、あとは、お互いのこだわりで設計しました。1階は、昔ながらの縁側を設け、3部屋すべて和室にこだわりました。2階は、ダイニング、リビング、和室、フローリングの子供部屋と今風に設計しました。

また、お互い生活スタイルも全然違っています。私達は、主人が会社勤めなので朝が早く、夜も早めに休みますが、親たちは、朝も夜も遅いし、食事の内容も時間も違います。

お風呂も、私は、子供を早く寝せる為に、夕食前に入ります。同居だったら、ご飯前になんか入っていられません。午前中も私は、掃除や洗濯でバタバタしていますが、親達は、コーヒーを飲みながら、テレビを見てのんびり過ごしています。このように、生活スタイルが全く違うのに、どちらかに合わせるのは、お互いストレスです。

ただ、2つだけデメリットとして考えられることがあるます。一つは、普通の同居と比べると、水道光熱費は高くつきます。しかし、別々に暮らしていれば、もっとかかるので、考え方次第です。

二つ目は、お互い干渉しやすい環境にあるということです。繰り返しになりますが、とにかく干渉しないことです。そして、何かあった時には、いつでもお互い助けられるようにしておけばいいと思うのです。

私は、このような形の二世帯住宅にして良かったと思っています。そして、ここに建て替えをさせてくれた親に、とても感謝しています。

今年中には戸建てを買いたい!

現在30代夫婦と1歳の子で、木造築3年の1LDKのアパート(2階)に住んでいますが、ドタバタと歩く子供の足音が気になり始めたし、1LDKという間取りが狭く感じるので、最低でも2LDKの部屋に引っ越しを考えています。

今年に入ってそろそろ引っ越しをすることを考え始めて、賃貸物件を探していたのですが、2LDK以上となると月10万円は越してしまうのがほとんど・・・。それに、子供が中学生になる頃までには戸建てに住みたいと思っていたので、アパートの更新費や引っ越し代などもばかにならないし、アパートの家賃より安い住宅ローンを組むことを前提に、思い切って戸建てを購入しようということになりました。

今なら金利も最低と言われているし、私たち夫婦の年齢も戸建てを購入するのには丁度良さそうなので、土地・中古戸建・新築戸建ての方向で探しています。
新築戸建ては5件見学に行きましたが、やはり間取りが自分たちの理想に合ったものがなく、今のところ見送りとさせていただきました。

そもそも、私たちの理想は日当たりの良さ・平坦地・部屋を小さく区切らないというもので、今回見学させていただいた新築戸建てはとても住みやすそうだったのですが、だいたい小さな部屋が複数ある物件でした。
希望に合った土地が見つかれば一番良いのですが、こればかりはご縁だと思うので、タイミングが来るまで待ちたいところですが、現在住んでいるアパートであと1年くらいを過ごすのは無理かと思い、今年中で区切りをつけました。一生の買い物なので、急いではだめなことは分かっているのですが・・・。

今はローコスト住宅が流行っているようです。機能面は別としてどれもデザイン性が高くてカッコいいものばかりです。そういうのを見ると、やはり自分たちで思った通りに建てることに憧れてしまいますが、予算との相談ですね。ローコスト住宅は部屋の区切りも大き目で、私たちの理想に合っているので、間取りやデザインの参考にさせていただいて、気密性や基礎部分はしっかりとして長く住める戸建てを建てたいです。

今後は破格の中古中宅を探さなくては

最近、我が家の猫の額程の庭に主人がみょうがを育て始めました。

みょうがなど主人以外は特に好物でもないので、時期になると買って食べた方が早いと思うのですが、趣味としてこれから何か野菜でも育てたいと思っていても、たいした広さのない庭では無理です。

先日、テレビでリフォームをした番組を見たところ、なんと都心から車で1時間で坪数100坪ほどで、その中にポツンと平屋の中古住宅があるのですが、かなり年数が経っていて、手を入れなければ到底住めるような家ではありませんが、全ての価格が250万となっていました。

海の近くで潮風も影響して外壁も劣化がひどいので、都心から車で1時間で田舎となると私の勘では千葉あたりなのかな?と思って番組を見ていたのですが、なるべくお金をかけずに、リフォームするという形で、知り合いの建設関係の方が外壁などを塗り替えて、当然、買主もそれに伴い、材料費が15万ほどで、きれいに塗り替えられていました。

中の内装は水回りだけの放送で後は後日という形だったのですが、物自体は古い洗面所の洗面台を大きな鍋を利用して鏡などは新しくして、それなりの物を造りあげていました。

お風呂も買主の母親が一緒に住むという事で、入りやすいように風呂の端に平の木を備えて、1度座ってから浴槽に入るという形でした。

蛇口は何故かやかんを利用していましたが、再利用という観点なのだと思います。

材料費が全てでいくらかかるかは不明なのですが、250万という金額は非常に魅力に感じました。

思わず主人に「そんなに農作業したければ、こういう家を購入して自分でリフォームすれば思う存分にみょうがが作れるんじゃない?」と言ったところ、主人も「うーん、いいな」と一言だけ答えました。
不動産としたら破格ではありますが、お金と考えるとやはり高額ですから、ましてや自分でリフォームなどは到底無理と考えたのでしょう。

それでも、私自信は決して手の届かない金額ではないし、もう少し年を取ったら、破格の中古住宅を探すのもいいかなと考えてます。

勿論、私が住むのではなくて、主人が畑仕事するのにちょうどいい物件があれば、定年後に夫婦いつも顔を合わせて生活するよりも、気楽でいいかなという悪妻の考えですが。