物件は紙面だけでは全然わからない

今の家を購入する時、流石に高い買い物なので色々、吟味してる期間がありました。

不動産屋で間取りを見せてもらって値段を見て、良さそうなら実際に物件を見に行くという感じで沢山行きました。

でも、ほとんどは行ってすぐに安い理由がわかる物件でした。広いのに値段も安く駅から近いという物件は、線路沿いが多かったです。

線路沿いではなくても電車が通る時、うるさいに決まってるような場所ばかりでした。

酷い物件になると、駐車場が敷地内にあるけど、前の道路が歩行者しか通れないくらい細い道で軽自動車しか絶対無理で、しかも車庫入れがプロ級に上手くなければ無理というものでした。

そして、ついに一軒良さそうな物件を見付けて見学に行きました。その物件は中古で、まだ売主が住んでいる状態で見に行きました。中古と言っても、5年くらいしか経ってなくて、とても綺麗でした。

住んでいる人も、良さそうな人で、駅から5分かからず閑静な住宅地でした。間取りも3階まであり4LDKで1階が駐車場になってるタイプでした。子供がまだ小さかったので、雨に一切濡れずに車に乗れるのも魅力でした。

ここまで、求めていた物件にぴったりなものは、もう無いだろうと思い買うつもりで、不動産屋にはローンの事などで色々やり取りしていました。流石に、大きな買い物なので、他の人にも見て欲しいと思い、両親を見学に連れて行きました。

そうすると、両親は開口一番に、絶対にやめた方がいいと言うのです。理由は、近くに汚いアパートがあるから街の雰囲気が汚いと言うのです。私は納得出来ず、喧嘩になりました。

でも、両親はやめた方がいいと言いはるのです。仕方なく、契約の印鑑を押すのは保留にしていました。そして、その間に、今住んでいる物件を見付けて、結局その中古物件は買わない事になりました。

今住んでいる家からその物件は近くで、よくその家の前を通るんですが、買わなくて良かったと胸をなで下ろしてます。何故かというと、その近くのアパートは汲み取り便所のようで、週に何回か臭い日があるんです。

あれだけ、買いたいと思ってたけど、やはり何回も曜日や時間帯を変えて見学に行かないと見えてこない事があるという事がよくわかりました。