妊活と体温

愛するカレと自分の遺伝子を継ぐ可愛い赤ちゃんに会いたい!

そう願って妊活に励む女性やご夫婦は少なくありません。しかしなかなか思うように運ばず心が折れそうになるときも多々あることでしょう。

妊活がうまくいかない原因は、体温や血流の働きの低下が原因かもしれません。

今回は正にただ今妊活まっ最中だという方々が、めでたく妊娠に至るために必要不可欠な健康・妊活情報をお届けいたします。妊活サプリメント

■ホルモンバランスや自律神経が乱れやすい
ホルモンバランスや自律神経の大敵は『身体の冷え』です。例えば昔からの言い伝えで「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがありますが、これは「美味しいものを嫁に食べさせない」という意味ではありません。実は「茄子(夏野菜)は身体を冷やすから、子供を産む『嫁』の身体を冷やしてはいけない」という思い遣りから生まれたことわざだったのですね。

冷えは女性の月経周期を乱したり、PMS(月経前症候群)を悪化させストレスが溜まりやすい体質に変えたりします。冷え症は健康体重を大幅に下回る痩せすぎ体質の女性にも起こりやすい現象です。痩せすぎの傾向にある女性は、まず健康体重(BMI指数22)まで増量する必要があるかもしれません。

■血行不良で子宮や卵巣の働きが低下
身体の冷えは血行不良を起こします。子宮や卵巣は最も末端の場所にある臓器なので、特に血流の影響に大きく左右されやすい特徴があるのです。血流の悪化から子宮や卵巣の働きが低下してしまいますので、妊娠を望む女性はまず血行の改善から見直さなければなりません。

なぜ血行が悪くなると不妊を招くのでしょうか? 実は子宮や卵巣(妊娠)に必要不可欠な物質を届けてくれるのが血液なのです。また、血液の流れは子宮に良くない老廃物などの物質を体外へはじき出すよう運んでくれる役割もあります。その働きが滞ってしまうと当然子宮・卵巣が育たなくなり、悪いものに蝕まれて妊娠の妨げになってしまうのです。

妊活中の女性は身体の内部から温めて血流を良くして、妊娠しやすい体質に変えていきましょう。

■腸内環境を改善すると体温が上がる。
体温を上げる(身体を温める)体質改善法のひとつに『腸内環境を改善する』という方法があります。
実はセカンド・ブレイン(第二の脳)とも呼ばれる『腸』の状態は、身体全体の働きや精神状態にも大きな影響を及ぼすのです。妊活中は妊娠への不安とプレッシャーでストレスが溜まりがちですよね。腸内環境を整えるとそういったストレスでの精神不安定状態も軽減できますよ。

また、腸の働きをアップさせるということは『食べものの消化を良くする』『体内の毒素の排出を促す』ということにつながります。前述の子宮・卵巣についてのメカニズムと似ていますが、血行が悪くなると腸内や身体の中に有害な毒素成分を滞留させてしまうことになるのです。そして体内に置き去りにされた有害物質からあらゆる病気を引き起こすリスクが高まります。反対に腸内環境を見直すと、身体の中の有害成分を流して身体に善い働きをしてくれる成分だけを吸収する体質に変化させることができますね。

腸内環境がベストな健康状態になると、自律神経が整います。そして血流状態がスムーズになり、代謝機能も改善されて平均体温が上がるのです。今現在、あなたの平熱は何度でしょうか? 健常なヒトの平熱は医師や管理栄養士の提唱によると約36.5℃〜37.1℃だそうですが、あなたの平熱はそれを下回っていませんか?

一般的に低体温だといわれている体温は36.0℃以下です。低体温の原因は人によって様々ですが、腸内環境の乱れもその一つにあります。血行不良・低体温だと感じているかたはまず腸内環境から改善するよう心がけてみてください。

シングルマザーでも自分磨きをする友達

わたしの友達は出産後すぐに離婚をしました。親権は彼女が取得して子供の面倒はすべて見ています。

離婚の原因は旦那が無職になり、仕事を探すと言ってまったく探さなかったからです。

また、彼女は仕事人間だったので仕事を探さない旦那がイヤだったのかもしれません。

現在は、彼女は実家に母と暮らしており、(母も離婚をしており)母も仕事をして、友達も以前働いていた職場に正社員として働き始めました。

以前いた職場ではマネージャーという立場だったので、出産後は育児などの問題もあり、マネージャー職はできなくなり社員となったそうです。

子供は、保育園に預けて17時上がりで子供を迎えに行って、食事を作るといった毎日らしいです。保育園でいろんなことを学んでくるので自ら教える事もなくありがたいとは言っていました。

ただ保育園に入れるには、待機児童が多くて、結構探すのが大変だったそうです。

子供の身長

とは言え、今は母子家庭が増えており、母子家庭に対する制度や補助が結構あるので、しっかりと調査して申請すればかなり助かると言っていました。

また、彼女のお兄さん夫婦が実家の近くに住んでおり、お兄さんが仕事帰りに子供の遊び相手をしてくれたりと家族一丸となって助けあいをしている感じがしました。

お姉さん夫婦は実家と遠いのですが、お姉さんも家にたまにお泊まりしたりするそうです。

お兄さん、お姉さん夫婦の子供も友達の子供と年が近くて、いい遊び相手も周りにいてとても良い環境だと思います。

また、彼女はとてもきれいな人でシングルマザーになっても、おしゃれや女子力が高く、同じママとして尊敬するし、見習わないとなと思うほど努力しています。

彼女を見て思ったのが、父親がいなくても、その子供の育つ環境がいい環境だったら子供も笑顔でまっすぐに育つと思いました。

彼女の家庭をみていると、父親がいたら当然いいのかもしれませんが、父親がいなくて当たり前になってもわたしは良いと思います。

わたしも実際、おじいちゃん、おばあちゃんが離婚していて、おじいちゃんと同居しているのですが、おばあちゃんがいないのが当たり前だったし、不思議とも思わなかったからです。

いろんな家族の形が有っていいと思いました。

口コミを利用してマンション探し

現在私は九州のとある県に在住しています。

新しい家探しをはじめたきっかけは、いままで住んでいた社宅がそろそろ手狭になってきたのを感じたたまです。

そのためマンションを購入することを決めました。

不動産屋さん巡りをするのか?

ネットで探すのか?

それとも不動産競売で探すのか?

新築なのか?中古なのか?

家を購入するにもいろいろな方法があることがわかりました。

ちなみ購入するマンションを選ぶ際に重視したのは、何よりその周辺の環境についてです。

中古でも新築でもかまわないけれど、なるべくなら静かで緑豊かな環境の中にあるマンションがいいなというのが家族そろっての意見でした。

急ぐ必要はなかったので、ゆっくりとインターネットやチラシ、知人などの口コミを利用して希望通りのマンションを探すことにしました。なるべくなら今まで住んでいたところからさほど遠くないところが良いと思っていたので、最も大事にしたのが知人の口コミでした。

社宅からはマンションや一戸建てを購入して引っ越すという知り合いがそれまでにもたくさんいたので、そうした知人たちから有り難い体験談もいただきました。

そんな中で見つけてきたのが、購入することになった13階建ての築10年のマンションです。すでにそこには知人一家が住んでおり、その人から今なら空いている部屋があると教えてもらったのです。

駅からも近く、商店街もすぐそばにあるという恵まれた立地条件とともに、目の前が公園ですぐ隣が小学校というのが何よりの魅力でした。

また、実際にそのマンションに住んでいる知人にも管理会社についてや住人はどのような人たちなのか、騒音問題などの揉め事はないのかなど教えてもらいました。

実際に家族そろってそのマンションを訪れてみると、エントランスの窓からは公園の緑が見えました。空き室となっていたのは6階と13階と1階で、そのうちの6階と13階からの眺めは素晴らしいものでした。

見下ろすと小学校の校庭に植えられている木の緑が見え、遠くを見渡してみれば並ぶ家々の向こうに流れる川沿いの遊歩道の木々の緑が見えました。

都会の中に建つマンションなので、静かさはのぞんでいたほどではありませんでしたが、これ以上の良い環境はないだろうということで家族の意見が一致し、このマンションを購入しました。マンションを出てすぐに公園の中に入ることができ、毎朝森林浴をしながら通勤通学をしています。